子供が体幹、バランス感覚を鍛える7つのメリットとバランスボードの楽しいトレーニング方法

今回は子供が体幹、バランス感覚を鍛える7つのメリットを紹介します。

後半ではバランスボードを使った楽しいトレーニング方法、子供用におすすめなバランスボードを紹介します。

ぜひ参考にしてください。 

子供が体幹、バランス感覚を鍛える7つのメリット

  1. 注意力&集中力アップ
  2. 空間認識能力アップによって数学に強くなる
  3. 目と手の能力向上をすることで学習能力向上
  4. 姿勢が良くなる
  5. 感覚処理能力アップ
  6. 運動能力向上

1.注意力&集中力アップ

注意力と集中力は長時間話を聞いたり、何かを読んだりする時に必要です。

学習のための意欲や集中力に必要な脳の部分を活性化するには、適度な運動が効果的です。

バランスボードを使って運動することにより、酸素が体全体に行きわたり集中力が長く保つことができます。

また、脳の血流も増え、思考力や注意力も飛躍的に高まります。

2.空間認識能力アップによって数学に強くなる

空間認識能力とは、物体の状態や関係を、三次元空間で把握し認識する能力です。

「数のセンス」と空間認識能力は密接につながっていて、数学でのパフォーマンス、また「読むスキル」をアップすることができます。

幼い頃から空間的関係を視覚化できる子は、小学校でも算数により強くなると研究で証明されています。

空間認識力はバランスボードで更に刺激を与えれば、積極的に鍛えることができます。

3.目と手の能力向上をすることで学習能力向上

読む・書く・計算するなどの学習活動で「見る」ということは非常に重要です。 

また、目から入った情報は、常に手」を動かす機能と連携しています。

目と手が互いにかみあって働く能力は、学習に非常に重要です。

小さい頃からバランスボードでこの能力鍛えれば、勉強の学習能力向上に効果をもたらします。

4.姿勢が良くなる

授業中の姿勢が悪かったり、落ち着いて座っていられない子供は、体幹が弱いことが原因の1つにあります。

バランスボードで体幹を鍛えることで姿勢が良くなることにつながります。

5.感覚処理能力アップ

人間の感覚には、よく知られている五感があります。

それに加え、前庭覚という感覚があります。

前庭覚とは人の耳の中にある体の傾きや、揺れ、速さ、回転、重力を感じ取ることができる感覚のことです。

この感覚があるおかげで、刻々と変化する体の位置を正確に判断し、適応させることができます。

子供が小さい頃から刺激し、能力を伸ばしていく必要があります。

6.運動能力向上

基礎的な運動能力の中でも「体幹」は重要な要素で、成長していくにつれ、スポーツ競技でも大きな役割を果たします。その「体幹」をバランスボードを使うことで強くすることができます。

また、バランスボードを使う良いところは、敏捷性を向上させてくれるところです。敏捷性、または敏速であることとは、刺激に対してすみやかに反応したり,身体の位置変換や方向転換をすばやく行なったりすることです。運動を行う上での重要な要素と言われています。 

子供ができるバランスボードを使った楽しいトレーニング方法

バランスボードの上に座ったり、膝ついたり、立ったりするトレーニング

どれだけ長く、これらのトレーニングが出来るかタイムを計ってみる

回数を重ねるごとにタイムを伸ばせるか挑戦してみる

左右に揺れるエクササイズ

両足をボードにしっかり乗せ、ゆっくりコントロールしたペースで左右に揺らす

目線を下げず、前を向き、いい姿勢を保つ

前後に揺れるエクササイズ

ゆっくりとボードを前後に揺らす

円運動のエクササイズ(これは3次元ボードを使用した場合のみ出来ます)

ゆっくりとボードの支点を中心に円形にボードを傾ける

これらの基本的なトレーニングエクササイズは初心者にとって最適です。またバランスボード経験者、上級者であっても準備運動として取り入れれば、怪我の予防にもなります。

次に紹介するトレーニングエクササイズはもう少し難易度が上がり、バランス能力だけでなく、基礎筋力も鍛えられます。

ミニスクワット

地面でスクワットする程、低くは出来ないかもしれませんが、このエクササイズは下半身の筋力と体幹を鍛えてくれます。 

ボードの上で足を肩幅より少し広く構え、バランスを失わずにスクワットを練習

ゆっくりひざを曲げ、腰を少し落とし、そしてゆっくり態勢を戻す

キャッチボール

ボードの上で、肩幅に足を開き、前に向け、片手または、両手でボールを相手に投げる

キャッチボールする相手がいなければ、壁にボールを投げ、跳ね返し、一人でもキャッチボールが出来る

お手玉/ジャグリング

ボードの上で、肩幅に足を開き、バランスを失わずにお手玉、またはジャグリングをする

回数を数えて、誰かと競い合えば、楽しいゲームにもなる

ニーリングスピン

ボードにひざをつき、腰に手をあてて、態勢を準備する

腹筋に集中をし、身体をゆっくり回転し始める

数回回転に成功したら、スピードを緩め、逆方向に身体を回転し、逆回転を始める

これらのトレーニングエクササイズは、バランスを保つだけでなく、それ以外の動きも取り入れるため、より筋肉運動の整合、視覚と手の協調能力、また注意力や集中力が必要になります。難易度アップされたエクササイズの練習を繰り返し、子供の運動能力と知能の発達を促していきましょう。

 

子供が体幹、バランス感覚を鍛えるのにおすすめの2つのバランスボード 

子供がローラーボードを使うのをおすすめな理由 

→ローラーボードを見てみる

  • 硬くて安全な木製ボードとローラーのセット
  • 安全ストッパーがボードの下に付けられる(もちろん、取り外しもOK) 
  • ボードの表面、ローラー両方ともグリップが効く素材で覆われている

ローラーボードは他のバランスボードのタイプより不安定で、一番難易度が高いと言われています。硬い木製のボードでできており、木製のローラーも滑りすぎないようにグリップが効く素材で覆われています。

このボードは色んな素材の床の上で使用できます:フローリング、カーペット、コンクリートなど。

2つのストッパーがボードの下に付いており、4つのネジでどこに配置するか変えられます。配置により難易度が変えることができ、もちろん取り外しも可能です。

ローラータイプは他のバランスボードより不安定だと言われていますが、HEXALのローラーボードはボードとローラー両方がグリップ素材に覆われ、ストッパー機能も付いているため、子供も安心して、楽しみながらトレーニングができます。

子供がWhirlyBoardを使うのをおすすめな理由

  • 3点の半球が付いている木製ボード
  • 3球とも360°回転できるバランスポイント
  • ボードの表面にグリップが効く素材で覆われている

 WhirlyBoardは最高な室内トレーニング器具で、楽しみながら子供たちが体力をつけ、基本的な運動能力を向上させることが出来ます。

バランス能力、敏捷性、瞬発力を身につけることにより、どのスポーツや運動でもそれらを活かし、優れたパフォーマンスにつながります。

WhirlyBoardを使用する子供は、3つのバランスポイントでの回転が出来るようになるにつれ、

新しい動きや楽しみ方を見つけていきます。このような発見が、常に子供たちに新しい挑戦を与え、様々なスキルを向上させながら楽しませてくれます。

もう一つ良いところは、子供たちは室内で遊びながら、アクティブに動き周ることです。ソファーでiPadやゲームでばかり遊んでいる生活習慣から抜け出させ、外出できなくても、WhirlyBoardで遊ぶことにより運動が出来ます。

また3点の半球が付いている木製ボードから作られているため、小さい子どもでも安全に乗れます。遊びながら運動、トレーニングが出来るのがWhirlyBoardのおすすめな理由です。

Related Posts

バランスボードが体幹(インナーマッスル)に効果的な理由!おすすめの使い方
いきなりですが、皆さんは体幹を意識したことがありますか?最近では雑誌やテレビなどで多く取り上げられることが増え、耳にする機会は多いかと思います。 毎日の生活を送る上でも体幹はとても大切ですが、鍛えることでどんな効果があるのでしょうか?...
Read More
バランス感覚が必要な理由と鍛えるためのバランスボードのトレーニング方法
バランストレーニングと聞くと、アスリートなどスポーツをしている人が行うものだと思っている人が多いかもしれませんね。 でも、実は日常生活を送る上でバランス感覚はとても重要なポイントです。立つ・歩くといった何でもない動作にも必要なので、こ...
Read More
【女性必見】骨盤底筋群の歪みがもたらす影響とバランスボードを使った筋トレ方法について
【女性必見】骨盤底筋群の歪みがもたらす影響とバランスボードを使った筋トレ方法について
女性にとって、とても大切な「骨盤底筋群(こつばんていきん)」。皆さんはご存知でしょうか? なかなか意識することが少ないパーツですが、ここのバランスが崩れたり衰えたりすると様々な不調を招きかねません。まずは骨盤底筋群って何?という方にも...
Read More